日本家畜衛生学会
家畜衛生とその関連領域における学究の向上を図り、
畜産の進歩発展に寄与することを目的としています。
研究発表会
学究向上と情報交換の場として研究発表会を
年2回(7月と11月が標準)開催しています。
家畜衛生フォーラム
その時々の家畜の疾病や畜産物の衛生に関するテーマを取上げて、
斯界の研究者や実務者をスピーカーとして招き、
獣医畜産関係者 ・ 公衆衛生関係者などを聴衆とし、意見交換を行っています。
Previous
Next

日本家畜衛生学会第93回大会のウェブ開催について

日本家畜衛生学会第93回大会を下記の内容で開催致しますので、奮ってご参加、またご発表のお申込みを頂きますようよろしくお願い致します。

【 開催概要 】※

日時  2021年6月26日(土) 13時~(予定)
場所 ウェブ開催(事前登録制)
内容 研究発表、論文賞受賞講演、教育講演等
参加費 会員・非会員 無料
【 参加方法 】※
・学会HPより事前にご登録頂き、ご参加ください。
・参加登録期間は2021年6月1日~18日
【 参加登録はこちらから 】
― 準備中 ―
※開催内容の詳細、参加登録受付等の最新情報は順次学会HPにて公開して参ります。
詳細の公開まで、今しばらくお待ちください。

【 発表申し込みについて 】

・対象者:発表者または共同研究者が本学会員の方

エントリー期日:5月 14日(金)まで

演題名、発表者、所属をご登録ください。

発表要旨:5月20日(木)まで

1,000~1,300文字程度で要旨作成の上、ご提出ください。

・お問合せ・申込先

日本家畜衛生学会事務局 e-mail:k-eisei@azabu-u.ac.jpまでご連絡ください。

特別Web座談会「The 消毒」 開催のお知らせ

日本家畜衛生学会 特別Web座談会「The 消毒」
共催: (一財)生物科学安全研究所
日時: 2020年12月19日(土)13:00~15:00 リアルタイムで配信

座長:学校法人コーセー学園 コーセー美容専門学校 衛生管理講師 白井淳資先生
消毒の基礎および豚環境の消毒: AB Consulting(株) 三宅眞佐男先生
牛環境の消毒: 北海道 計根別農業協同組合 高橋英穂先生
鶏環境の消毒: 茨城県畜産センター肉用牛研究所 大内義尚先生

座談会内容

畜産業界では様々な消毒薬が用いられているが、その消毒剤は果たして適材適所で使用されているかは不明である。また各家畜の環境によって消毒薬の選択や使用方法(散布、噴霧、発泡消毒、細霧、煙霧など)が相違するため、消毒薬の効果の検証は難しいと該当。今回は「消毒薬の基礎」をAB Consulting(株)の三宅眞佐男先生に解説いただき、引き続き「豚環境の消毒に求められること、その課題について」をお話しいただく。また牛で問題となる感染症は主には細菌感染症であるが、「牛のサルモネラ症発生時の効果的な畜舎消毒について」 」を北海道JA計根別の高橋英穂先生に話題提供いただき、鶏については茨城県畜産センター肉用牛研究所の大内義尚先生に「鶏環境の消毒に求められること、その課題について」をお話しいただく昨今の家畜感染症の拡散状況に対し、改めて消毒の基本に戻り、意見交換できる場になれば幸いである。

完全事前登録制:会員・非会員問わず無料です。  事前登録〆切:2020.12.10(木)
(*)ブラウザーのバージョンの関係で送信ボタンが現れない場合は、
keisei.entry@gmail.comの方へメールアドレス、ご所属、ご氏名を添えてお申し込みください。

*特別Web座談会は皆様方のご協力により無事終了いたしました。