日本家畜衛生学会
家畜衛生とその関連領域における学究の向上を図り、
畜産の進歩発展に寄与することを目的としています。
研究発表会
学究向上と情報交換の場として研究発表会を
年2回(7月と11月が標準)開催しています。
家畜衛生フォーラム
その時々の家畜の疾病や畜産物の衛生に関するテーマを取上げて、
斯界の研究者や実務者をスピーカーとして招き、
獣医畜産関係者 ・ 公衆衛生関係者などを聴衆とし、意見交換を行っています。
Previous
Next

日本家畜衛生学会 第96回大会および家畜衛生フォーラム2022の開催について

第96回大会および家畜衛生フォーラム2022を下記の通り開催致します。
つきましては、第96回大会の一般演題を募集しておりますので、奮ってご発表頂きますようよろしくお願い致します。
   *現在、対面開催での準備を進めておりますが、場合によってはオンライン開催等、開催形式が変更となる可能性がございます。
   *最新の情報は学会HPをご確認ください。

≪開催概要≫
日 時: 2022年 12月 2日(金) 10:00~17: 30
場 所: Meiji Seika ファルマ (株)本社講堂 東京都中央区橋 2-4-16
共催:(一財)生物科学安全研究所 後援:農林水産省
参加費:正会員・賛助会員3,000円、非会員5,000円、学生無料

【第96回大会】 10:00~12: 00

・ 研究発表会

【家畜衛生フォーラム2022】 13:00~17: 30

テーマ:「 豚熱の防疫 ~豚と野生イノシシ~ 」
座長(敬称略): 動物衛生研究部門 深井克彦
演者(敬称略)
・小倉 弘明 先生 (麻布大): 豚熱の防疫(過去と現在)(仮題)
・迫田 義博 先生 (北大): 豚熱ウイルスの特徴(検査体制と防疫)(仮題)
・伊藤 貢 先生 (あかばね動物クリニック) : 豚熱防疫の成功/失敗事例と今後の対策 (仮題)
 休憩
・池田 敬 先生 (岐阜大): 野生イノシシの豚熱防疫(拡散要因と対策)(仮題)
・江口 祐輔 先生 (麻布大): 野生イノシシの豚熱防疫(減頭数対策)(仮題)
・Ad Vos 先生 (Ceva Sante Animale社): 野生イノシシの豚熱防疫(ベイトワクチン対策)(仮題)
休憩
総合討論

【研究発表申し込みについて】
・対象者:発表者または共同研究者が本学会員の方
・エントリー期日:10月10日(月)まで
    演題名、発表者、所属をご登録ください。
・発表要旨:10月24日(月)まで
    A4判2頁1,000~1,300字程度(図表含む)で作成の上、ご提出ください。
・お問合せ・発表申込先・発表要旨提出先
    日本家畜衛生学会事務局
    e-mail:k-eisei@azabu-u.ac.jp

最新情報